「太り気味」の方が「やせ」より7年も長生きできる?

内臓脂肪(腹部肥満)が循環器疾患の元凶・・・やせた日本人はそれだけでは不足?

【スポンサード リンク】 【スポンサード リンク】

「肥満=不健康」との一方的な考え方に警鐘


無理に太れば寿命が延びるわけではありません



40歳の時の「体格」によって、その後の余命に大きな差があり、「太り気味」の人が最も長生きであることを、厚生労働省研究班が大規模な調査結果を発表しました。


「やせると肥満より危険」、「若い時やせ男、中年で体重増はご用心」、「小太りが健康」、「痩せた喫煙者・酒飲みが危ない」等、最近肥満と健康に関する諸説が飛び交い、従来の「肥満=不健康」との考え方に再考を迫る結果となっています。


今回の調査は、宮城県内の40歳以上の住民、約50,000人を対象に12年間、健康状態などを追跡調査したものです。


結果として、最も短命なのは「やせた人」で、「太り気味」の人より、6-7歳早く死ぬという驚くべき結果になっています。


BMI値毎に40歳時点の平均余命を分析した結果・・・


■普通体重(BMIが18.5以上25未満)の人が男性39.94年、女性47.97年

■太り気味(同25以上30未満)の人は男性が41.64年、女性が48.05年

■肥満(同30以上)の人は男性が39.41年、女性が46.02年

■やせた人(同18.5未満)は男性34.54年、女性41.79年


長生き順に並べると、男女ともに、太り気味が一番長生きで、次いで普通→肥満→やせた人となりました。


但し、体格と寿命の因果関係は、まだ明確にわかっているわけではありません。


したがって、太り気味の人が長命という今回の結果を鵜呑みにして、無理に太れば寿命が延びると考えるのはあまりに短絡的です。


2008年4月から始まった特定健診・保健指導(いわゆるメタボ健診)は、内臓脂肪(腹部肥満)が、循環器疾患の元凶であるという発想です。


しかし、アジア人、とりわけ日本人は肥満でなくても、糖尿病や循環器疾患を発症する人が多いうえ、日本人の死因の第1位はやはり「がん」なのです。


肥満と循環器疾患だけにターゲットを絞った、現在の特定健診・保健指導(いわゆるメタボ健診)に、疑問を抱く専門家は根強く存在するといわれています。

【スポンサード リンク】

2009年06月14日 09:57