1日に必要なエネルギーを計算してみよう

中性脂肪が気になる方はまずは摂取カロリーのコントロール

【スポンサード リンク】 【スポンサード リンク】

あなたの必要なエネルギーは何カロリー?


1日に必要なエネルギーの計算方法



ひとりひとりの1日に必要なエネルギーは、性別・体重・運動量・年齢・職業などによって異なります。


中性脂肪が気になるあなたが自分に必要な適正エネルギーが把握できれば、いつもの食事もカロリーに注意しながら選択することができます。


<あなたの1日に必要なエネルギー計算方法>


1.標準体重を出す


      身長(m) ×  身長(m) × 22 = 標準体重(kg)


      (例) 身長160cmの人の場合

      1.6m  ×  1.6m  ×  22 = 56.3kg ⇒「α」とする


2.標準体重1kgあたりに必要なエネルギーをAからDの中から選ぶ


「A」 20-25(kcal)・・・安静にしている人、お年寄りなどの場合

「B」 25-30(kcal)・・・デスクワークの多い事務職、技術者、管理職など

「C」 30-35(kcal)・・・立ち仕事、外回りで歩く営業職の人、店員、工員など

「D」 35-40(kcal)・・・農業・漁業従事者、建設作業員など


*数値に幅がありますが、ヤセ型や若い人は高い方の数字を使います。逆に、肥満タイプや高齢者は低い方を使います。中性脂肪等が高い人も低い方を使うのが良いでしょう。


*筋肉量によって、基礎代謝量も異なるので、消費エネルギーも人によって違います。また、年齢、性別、身長、体重でもやせ方に差が出ますので、この値はあくまで平均的な目安としてとらえてください。


3.1日に必要なエネルギーを計算する


標準体重(kg)×標準体重1kgあたりに必要なエネルギー値


=1日に必要なエネルギー

                      

   (例)身長160cmの人でデスクワークの多い事務職なら

   「α」56.3kg  ×  「B」25-30kcal = 約1,400-1,690kcal
                      

次に、自分に必要な1日のエネルギーが算出できたら、今度はそれを3で割れば、1食に必要なエネルギーがわかります。おおよその値を把握しておいて、毎日の食事に役立てましょう。


中性脂肪の気になる方は、外食のメニュー選びも悩みますが、最近では、レストランのメニューやスーパーで売っている食品にもカロリー表示をするケースが非常に増えていますので計算もしやすくなっています。


但し、お酒を飲む人は-200kcal(例:日本酒1合換算)、間食をする人は-200から-300kcal(例:おはぎ1個316kcal)してから「3」で割るようにします。(どんどん減っていきますよ!)

【スポンサード リンク】

2005年12月04日 15:43