6つの基礎食品群とは?

中性脂肪が気になるとはいえ食事のたびに品目数を数えるわけにはいきませんが・・・

【スポンサード リンク】 【スポンサード リンク】

「6つの基礎食品群」(厚生労働省)

1日30品目の食事をとっていても、バランスよく栄養がとれなければ意味がありません。そこで栄養成分の似ている食品を6つのグループに分類した「6つの基礎食品群」(厚生労働省)を目安にして食事内容を考えていきましょう。

<各食品群の働きと主な食品>
 
第1群
第2群
第3群
主な
栄養素
たんぱく質

ミネラル
(カルシウム)

ビタミン
(主にカロチン)
働き
骨や筋肉を作る、エネルギー源となる 骨や歯を作る、体の各機能を調節 皮膚や粘膜の保護、体の各機能を調節
栄養的
特徴
良質のたんぱく質の供給源となるもので、副次的にとれる栄養素として、脂 肪、カルシウム、鉄、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB 2 などがある カルシウムの供給源として重要。また、良質たんぱく質、ビタミンB2などの供給源としての役割も大きい ビタミンA(カロチン)の供給源として重要。また、ビタミンC、カルシウム、鉄、ビタミンB2の供給源ともなる
おもな
食品
魚、貝、いか、たこ、かに、かまぼこ、ちくわなど
牛肉、豚肉、鳥肉、ハム・ソーセージなど
鶏卵、うずら卵など
だいず、豆腐、納豆、生揚げ、がんもどきなど
牛乳、スキムミルク、チーズ、ヨーグルトなど
めざし、わかさぎ、しらす干しなど
わかめ、こんぶ、のりなど
にんじん、ほうれん草、小松菜、かぼちゃなど

1日の
摂取目安

4~6品目
2~4品目
4~6品目

 
第4群
第5群
第6群
主な
栄養素
ビタミン
(主にC)
炭水化物
脂肪
働き
体の各機能を調節 エネルギー源となる、体の各機能を調節 エネルギー源となる
栄養的
特徴
ビタミンCの供給源として 重 要である。そのほかカルシウム、ビタミンB2、ビタミンB1の供給源としての役割 も 大きい 糖質性エネルギー源となる。いも類は、糖質のほかに、ビタミンB1、ビタミンCなども比較的多く含まれる 脂肪性エネルギー源となる。
また、必須脂肪酸の供給源ともなる。
おもな
食品
だいこん、はくさい、キャベツ、きゅうり、トマトなど
みかん、りんご、なし、いちごなど
ご飯、パン、うどん、そば、スパゲッティなど
さつまいも、じゃがいもなど
てんぷら油、サラダ油、ラード、バター、マーガリンなど
マヨネーズ、ドレッシングなどを含む

1日の
摂取目安

6~8品目
4~5品目
2~3品目

中性脂肪の気になる方は「マヨネーズやドレッシングも脂肪でカウントされるのか?」と愕然とされる方がいらっしゃるかと思いますが・・・

【スポンサード リンク】

2005年12月02日 19:43