サプリ・トクホ

【スポンサード リンク】 【スポンサード リンク】
  • サプリメントはどういうときに役立つか?

    その人の食生活では不足しているであろう栄養素を補強するという発想

  • サプリメントに副作用はないのか?

    サプリメントはあくまで食品だが食品でない原料のサプリメントもある

  • サプリメントは「体感」が決め手

    朝起きた時の感覚「なんかスッキリしてる」等の体感を感じますか?

  • 「トクホ」市場6,000億円超、このまま伸びるか?

    (2013年末で市場規模は6,275億円、品目数1,095品目)

  • 医師会が健康食品の被害をデータベース化?

    医師が診察の時に見つけた「健康食品による健康被害」をデータベース化する事業

  • コレステロールを下げるマヨネーズがあった!

    リポたんぱくの椅子取りゲームで植物性ステロールがコレステロールに勝つ?

  • サプリメントは輸入品・国産品、どちらが良いのか?

    輸入品は心配、国産品は安心・・・とは限りません。

  • 飲料タイプの特定保健用食品の正しい効果的な飲み方

    特定保健用食品表示制度が生まれたのは平成3年。その後、毎年商品は増え続け、平成17年末には約570商品にまでなりました。しかし、すべてが順調に売れているわけではなく、淘汰されてきた感も出てきましたが、このページでは人気の飲料タイプの目的別選び方と正しい飲み方について、若干強引に?まとめています。

  • 意外や意外!サプリメントの効果的な飲み方①

    中性脂肪の気になる方の中には、サプリメントを使用して、普段の健康管理をされている方も多いと思います。サプリメントは、あくまで医薬品ではなく「食品」なので、いつ食べても良いものであって、「1日●回、●時に、●錠飲む」という決まりごとは一切ありません。とはいうものの、吸収を高める・分解されないなどの効果的な飲み方はないのでしょうか?

  • 意外や意外!サプリメントの効果的な飲み方②

    サプリメントは、あくまで医薬品ではなく「食品」なので、いつ食べても良いものであって、「1日○回、○時に、○錠飲む」という決まりごとは一切ありません。とは言うものの、吸収を高める・分解されないなどの効果的な飲み方はないのでしょうか?

  • 特定保健用食品(トクホ)の機能表示を過信するな

    いわゆる健康食品の中でも、国が有効性や安全性を認めた特定保健用食品(トクホ)は、現在約900品目もあり、消費者にすっかり定着しました。ところが、商品表示の意味を、正しく理解しないで、過信し、過剰な効果を期待してはいけません。

  • 特定保健用食品(トクホ)の効果的な利用法を知る

    いわゆる健康食品の中でも、国が有効性や安全性を認めた特定保健用食品(トクホ)は、現在約900品目もあり、消費者にすっかり定着しました。ところが、適切な摂取方法で利用しないと、思わぬ副反応(健康被害?)にあう恐れもあるということをご存知に方は少ないようです。

  • 特定保健用食品(トクホ)の摂取方法表示に見直し余地

    いわゆる健康食品の中でも、国が有効性や安全性を認めた特定保健用食品(トクホ)は、現在約900品目もあり、消費者にすっかり定着しました。ところが、医薬品ではないので、どんな人がどれだけ、どのくらいの期間、摂取すればいいのかまでは明記できないが故に、期待している効果が得られないことや、ややもすれば思わぬ副反応(健康被害?)にあう恐れもあるという現実があります。

  • 特定保健用食品(トクホ)市場は3年連続マイナス成長

    マーケティング会社の富士経済はこのほど、特定保健用食品(トクホ)の2010年の市場規模が前年比3.9%減の3,270億円となり、3年連続してマイナス成長になるとの見通しを発表しました。健康志向の高まりで、特定保健用食品(トクホ)市場は、順風満帆ではないかと思っていたのですが、意外な結果でした。

  • 中性脂肪対策に特化したサプリメント ファンケルが発売

    ファンケルは、2010年9月、食べすぎや飲みすぎなどからくる生活習慣に着目した新しいサプリメント「糖転移ヘスペリジン&キトサン健脂習慣」を発売します。「健診で中性脂肪だけ引っかかっちゃったよ~」などと、近年、中性脂肪への関心は高まっているものの、実は対応できるサプリメントは意外と少ないというのが市場の現状でした。

  • 意外や意外!サプリメントの効果的な飲み方③

    中性脂肪の気になる方の中には、サプリメントを使用して、普段の健康管理をされている方も多いと思います。サプリメントは、あくまで医薬品ではなく「食品」なので、なにを食べても良いものであって、「この症状にはコレ」という決まりは、本来はないはずです。とはいうものの、気になる症状に効果的な飲み方はないのでしょうか?

  • 特定保健用食品(トクホ)が誕生して20年①

    健康効果を商品に表示できる特定保健用食品(いわゆるトクホ)が誕生して、2011年で20年が経ちました。特定保健用食品(いわゆるトクホ)・・・その名前を知っている人はだいぶ増えましたが、表示や広告を読みこなしたり、本当に正しく使用して効果を上げている人がどれだけいるのかわからないのが現状です。

  • 特定保健用食品(トクホ)が誕生して20年②

    健康効果を商品に表示できる特定保健用食品(いわゆるトクホ)が誕生して、2011年で20年が経ちました。特定保健用食品(いわゆるトクホ)・・・その名前を知っている人はだいぶ増えましたが、表示や広告を読みこなしたり、本当に正しく使用して効果を上げている人がどれだけいるのかわからないのが現状です。

  • 『大麦若葉末』の血中中性脂肪上昇抑制作用を確認

    特定保健用食品の製造で有名な(株)東洋新薬は、「大麦若葉末」による脂肪を負荷した後の血中中性脂肪の上昇抑制作用を確認して、発表しました。かつて「う~ん、まずい!」で火が付いた青汁・・・現在はドラッグストアの店頭でもすっかり市民権を得た大麦若葉ですが、利用している人もかなり多いのではないでしょうか。

  • 史上初!脂肪の吸収を抑える“トクホのコーラ”が新登場

    《速報》2012年4月24日の発売からわずか2日間で、年間販売目標100万ケースの5割を突破したとキリンビバレッジが発表しました。

    キリンビバレッジは、炭酸飲料の新商品として、「特定保健用食品」で史上初のコーラ系飲料「キリン メッツ コーラ」を2012年4月24日に発売すると発表しました。まだ飲んでいないのでわかりませんが、以前発売になった特定保健用食品の缶コーヒーはまずくて続けられなかったのですが・・・

  • 脂肪の吸収を抑える新しい特定保健用食品が新発売

    あのリポビタンDで有名な大正製薬が、体脂肪対応特定保健用食品(以下トクホ)「ファットケア スティックカフェ」と中性脂肪対応トクホ 「ミドルケア 粉末スティック」を2012年7月1日より「Livitaブランド」から新発売します。特に「ファットケア スティックカフェ」はトクホとしては珍しい顆粒状のスティックコーヒータイプで注目を集めそうですね。

  • 中性脂肪を下げる新しいトクホ「イマークS」を新発売

    日本水産が中性脂肪の気になる方向けのトクホ「イマークS」を新発売

  • 「脂肪の吸収を抑える」特定保健用食品のコーラ競争激化

    サントリーが「脂肪の吸収を抑える」特定保健用食品のコーラ「ペプシ スペシャル」を発売

  • 糖分と脂肪の吸収抑える新しいトクホが新発売

    “糖分”と“脂肪”の吸収をダブルで抑える「賢者の食卓ダブルサポート」を新発売

  • 中性脂肪が気になる方に甘くないトクホ炭酸が新発売

    「中性脂肪が気になる方に」と表示できる関与成分として“モノグルコシルヘスペリジン”