魚を1週間に8食摂ると心筋梗塞の発症が60%も減少?

EPA・DHAという2つの脂肪酸が「中性脂肪低減」「血液サラサラ」

【スポンサード リンク】 【スポンサード リンク】

EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)効果が立証


やはり日本人には魚が一番



魚を1週間に8食、食べる人は、1食しか食べない人とくらべて、心筋梗塞を発症する危険度が60%近くも低いことが、厚生労働省研究班の大規模調査で分かりました。


摂取量が週1食(1日当たり20g)程度の人たちと比べると、週5食(同110g)程度食べるグループは30%、週8食(同180g)程度では57%も心筋梗塞の発症リスクが低かったというのです。


研究班では岩手・秋田・長野・沖縄県内に住む40-59歳の男女約4万人を対象に、1990年から約11年間追跡調査し、魚の摂取量に応じて5グループに分けて比較したというものです。


摂取量が週1食(1日当たり20g)程度の人たちと比べると、週5食(同110g)程度食べるグループは30%、週8食(同180g)程度では57%も心筋梗塞の発症リスクが低かったというのです。


魚にはEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)という脂肪酸が含まれ、中性脂肪を下げて食べた人の血管を詰まりにくくする効果があります。研究班によると、EPAやDHAはアジ、イワシ、サンマ、サバなど脂肪の多い青魚に豊富に含まれているといいます。


EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)は直接的に中性脂肪を引き下げる効果が認められています。


同様の研究発表は、たびたび報告されていますが、今回は、厚生労働省の研究班が実施したこと、日本人を対象としていること、4万人という大規模なこと、11年間の長期の追跡なこと・・・というきわめて信頼性の高い調査であったことに驚かされます。


このことが世界に広まれば、ますます日本食の良さが伝わるでしょう。日本国民としては、非常に誇りに出来る事ですね。「食生活の欧米化が問題」といわれた時代は、終わりにしたほうが良さそうです。

【スポンサード リンク】

2006年01月17日 21:07