握力が強い人程長生きで循環器病発症も少ない?

歩く時はなるべく早く歩くこと、握力などは筋肉鍛えること・・・健康長寿の新しい秘訣?

【スポンサード リンク】 【スポンサード リンク】

握力の強い人の死亡リスクは約4割も低い


「握力は鍛える」・「早く歩く」は健康の秘訣?



握力が強い人ほど長生きする?」という傾向のあることが、厚生労働省研究班(*1)の約20年間にもわたる追跡調査で明らかになりました。


歳を重ねていくと握力を発揮する場面がなくなり、「握力なんて弱ってるだろうな~」と考えると、ドキッとさせられるニュースとなりました。


今回の調査では、福岡県久山町在住の2,527人(男性1,064人、女性1,463人)を対象に、男女別に握力が弱い順から人数が均等になるように各4組に分けて、年齢や飲酒状況などを補正し、死亡原因との関係を調べたというものです。


その結果、握力の最も弱い組(男性35kg未満、女性19kg未満)を基準に各組を比較したところ、男女とも握力が強いほど、死亡リスクが下がる傾向がありました。


特に、最も握力の強い組(男性47kg以上、女性28kg以上)の死亡リスクは、最も弱い組より約4割も低かったというから驚きです。


握力が強い人は死亡リスクだけではなく、心臓病や脳卒中といった循環器病の発症リスクも下がっていたといい、研究班では、「健康状態を表す指標として握力が使えるのでは」と考えている模様です。


また、ほぼ同時期に、米国神経学会の公式サイトに「歩行速度や握力を測定することで将来的な認知症や脳卒中リスクが予測できるかもしれない」という米ボストン医療センター(*2)の研究結果が掲載されました。


その研究によると、健康な男女2,400人(平均年齢62歳)を対象に最長11年にわたり追跡調査したところ、「歩行速度が遅い人」や「握力の弱い人」は、将来的な認知症や脳卒中リスクが高まる傾向があるとのことです。


逆に65歳以上で握力の強い人は、脳卒中のリスクが約42%も低下するという結果であったと報告しています。前述の日本の厚生労働省研究班の結果とほぼ近い数字になっていますね。


ちなみに、歩行速度の遅い人は、速い人よりも認知症を発症しやすい傾向も示されました。


歩行速度の遅い人は、脳の総容積が小さく、記憶・言語・決断の検査では低い得点でした。一方、握力の強い人は脳の総容積が大きく、同様の検査では高い得点でした。


「歩く時はなるべく早く歩く」、「握力は鍛える」・・・を実践することは健康維持・増進に大いに役立ちそうですね。


*1 厚生労働省研究班(研究代表者=熊谷秋三・九州大教授)
*2 米ボストン医療センターのEric C. Camargo氏ら

【スポンサード リンク】

2012年02月26日 11:29