厚労省が生活習慣病を防ぐ運動量の考え方を発表

日常生活での活動も対象とした「エクササイズガイド2006」とは・・・

【スポンサード リンク】 【スポンサード リンク】

日常生活での活動も1エクササイズとしてカウント


腹囲の1cm減少は約1kgの内臓脂肪の減少?



生活習慣病の予防に必要な1週間の運動量の目安を示した指針「エクササイズガイド2006」を、厚生労働省の運動指針小委員会というところがまとめました。


スポーツだけでなく、掃除や階段の上り下りなど、日常生活での活動も対象にして、内容ごとに具体的な時間をあげており、運動習慣のない人でも活用できるのが特徴。


指針は「エクササイズ」という運動量の単位を設定しています。


例えば、軽い筋力トレーニング、バレーボールなどの運動や、歩行、床掃除といった活動は、20分行えば1エクササイズとします。


中性脂肪が高くなる脂質異常症などの生活習慣病を防ぐには、これらを組み合わせて1週間に合計23エクササイズ以上行い、そのうち少なくとも4エクササイズは運動とすることを目標としています。


内容がきつくなるほど時間は減り、ゴルフ、速歩、自転車、子どもと遊ぶなどは15分、軽いジョギング、エアロビクス、階段の上り下りなら10分、ランニング、水泳、重い荷物を運ぶなどは7-8分で1エクササイズとなります。

 
また、中性脂肪やコレステロールなどが問題となるメタボリックシンドロームと、その予備軍の人たち向けに、運動の目標を設定する方法も紹介しています。


問題となる腹囲の1cm減少は約1kgの内臓脂肪の減少に相当します。


内臓脂肪を1kg減少させるためには運動によるエネルギー消費量の増加と食事改善によるエネルギー摂取量の減少を合わせて約7,000kcalが必要となります。


例えば、1ヶ月かけて1cm腹囲を減少させるためには、1日当たり約230kcalが必要となります。


また、ジョギングと歩行を合計20分行った場合、70kgの人では123kcalの消費になります・・・などと分かりやすくアドバイスしています。


まだ、正式な小冊子などの情報にはなっていませんが、近日中になんらかの発表があると思われます。期待して待つことに致しましょう。まだ、「案」の状態でよければ、厚生労働省のホームページに掲載されています。


中性脂肪を減らすためには運動は欠かせませんが、事情によりジムなどに通えない人にとっては、日常生活の中で運動を取り入れる方法は、中性脂肪を減らすためには大変に有効な手段です。


健康づくりのための運動指針2006

undousisin.jpg
(健康づくりのための運動指針2006より)

【スポンサード リンク】

2006年07月26日 19:41