【スポンサードリンク】 【スポンサードリンク】

働き盛りを襲う、中性脂肪が奏でる生命の協奏曲

あなたは、大切な人を守ることができますか?中性脂肪は、健康診断で異常値が出ても、自覚症状のほとんどないまま確実に増加します。そして、ある日突然、中性脂肪が動脈硬化による循環器疾患を招き、不幸な現実と直面する事になるのです。ご自分やご家族が、中性脂肪により、そんな事に絶対にならないために、中性脂肪対策を始めてみませんか?働き盛りを襲う「中性脂肪が奏でる生命の協奏曲」を一日も早く止めましょう。

当サイトでよく読んで頂いているページ

握力の強い人の死亡リスクは約4割も低い・・・握力が強い人はそんな死亡リスクだけではなく、心臓病や脳卒中といった循環器病の発症リスクも低いといいます。私たちは何かのイベントで半分遊びで握力テストをやることもありますが、歳を重ねていくと握力などは使う場面もありません。たとえ握力であっても、日頃から筋力を鍛えておくことは悪いことではないようです。

握力が強い人程長生きで循環器病発症も少ない?

40歳の時の「体格」によってその後の余命に大きな差があり、「太り気味」の人が最も長生きであることを、厚生労働省研究班が報告しています。その結果を長生き順に並べると、男女ともに、太り気味が一番長生きで、次いで普通→肥満→やせた人となりました。肥満は短命という一方的な考え方は再考の必要がありそうです。

「太り気味」の方が「やせ」より7年も長生きできる?

従来の指針では、総コレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪のいずれかが基準より高いか、「善玉」とされるHDLコレステロール値が基準より低い場合を総称して「高脂血症」と呼んできました。しかしながら、善玉コレステロール値が低い場合も、「高」を付けた「高脂血症」という病名で呼ぶのは不自然だとして、「高脂血症」から新たに「脂質異常症」に変更することになりました。

「高脂血症」改め「脂質異常症」に新しい治療指針

中性脂肪を減らすのに、もっとも効果があるのは、ウォーキング・ジョギングなどの有酸素運動です。運動で使われるエネルギー源は、筋肉の中のグリコーゲン、糖質、脂肪の順番に消費されていきます。したがって、短時間で終わってしまう無酸素運動では、脂肪が使われる段階にまでに至りません。脂肪に順番がまわってくるのは、運動を始めてから20-30分後になるので、中性脂肪を減らすには有酸素運動が効果的なのです。

誰でもどこでもできる筋肉トレーニング「スクワット体操」

健康診断の結果が返ってきて〔血中脂質検査〕で、トリグリセライド(中性脂肪、TG)の値が30mg/dl 程度と参考基準値より低い数字が出て、「血中脂質に軽度の異常が認められます」との判定が記載され、驚かれる方がいらっしゃるようですが・・・

中性脂肪が低い?中性脂肪が低すぎるとどうなるのか?

■コレステロール・中性脂肪の異常「高脂血症」改め「脂質異常症」■
従来コレステロール・中性脂肪の異常を「高脂血症」と呼んでいましたが、2007年4月より、5年ぶりの治療指針の改定も含めて、コレステロール・中性脂肪の異常を「脂質異常症」という名称に改めました。
従来の指針では、総コレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪のいずれかが基準より高いか、「善玉」とされるHDLコレステロール値が基準より低い場合を総称して「高脂血症」と呼んできました。
しかしながら、善玉コレステロール値が低い場合も、「高」を付けた「高脂血症」という病名で呼ぶのは不自然だとして、コレステロール・中性脂肪の異常を「高脂血症」から新たに「脂質異常症」に変更することになりました。
新しい指針では、LDLコレステロールが140mg/dl以上、中性脂肪が150mg/dl以上、HDLコレステロールが40mg/dl未満の場合を「脂質異常症」と診断することになりました。

本サイトは健康情報の提供を目的としているものであり、診療行為またはこれに準ずる行為を目的として閲覧することはご遠慮下さい。このサイトの情報は治療行為ではございません。閲覧される方はこのことを十分認識した上で自己の責任においてこのサイトを閲覧し、必要ならば適切な医療機関の受診等、ご自身の判断で行ってください。本サイトの閲覧により何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも、本サイトの管理者はその一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。申し訳ございませんがよろしくお願い致します。